どんなタイプのトレーダーにメリットがあるのか?

くりっく365(取引所取引)とFX(非取引所取引)どちらで取引すればよいのか?

これを明確に言い切るのは難しいことです。外国為替証拠金取引(FX)を初めてやる初心者レベルの方からトレードに慣れてきた中級レベルの方、あるいは数年の経験がある上級レベルの方、投資額や投資期間など、投資家それぞれのトレードスタイルもあるでしょう。

また、外国為替証拠金取引(FX)ばかりではなく、有価証券先物取引(日経平均先物取引 など)や商品先物取引(金先物、原油先物 など)にも投資しているトレーダーもいることと思います。

こうした各々の投資状況、トレードスタイルを踏まえ、くりっく365とFX、どちらが自分にとって有利になるのかを判断していくことがよりベターな選択となります。

口座開設・お申し込みはコチラ

長期保有のスワップ金利狙いでは

スワップ派にとってのメリットはどうでしょう?
くりっくでは、「投資家が支払うスワップポイント = 投資家が受け取るスワップポイント」
としており、透明で公正な取引ができるようなレート提示を行っています。

スワップ金利そのものの高さでいえば、以前はくりっくのスワップ金利が有利でしたが、現在では、くりっく365もFXも同等化してきています。業者によっては、FXのスワップ金利のほうが高いケースもあります。

為替差益狙いのデイトレーダーは

デイトレードは少ない利ざやを積み重ねる手法ですから、手数料が損益に大きく影響します。
FX業者のほとんどは、デイトレード手数料を『無料』にしています。一方のくりっく365では、片道手数料が半額になる会社はありますが、無料になる取扱業者は見あたりません。

税金の面では

はっきり言えるのは、年収が330万円以下の方であれば、くりっく365より通常のFXのほうが税率が低いですから、取引スタイルに関係なく、FXのほうがお得になります。

くりっくの方が有利と思えるのは、巨額の資金で運用する場合で、しかもその運用によって巨額の利益を生んでいる場合です。その場合でしたら、税率一律20%という恩恵がメリットとなるでしょう。
 くりっく365の税金について

また、くりっく365と有価証券先物取引や商品先物取引などを同時に行っている場合、損失を相殺して申告でき、さらにその損失は3年間の繰り越しが認められていますので、税金の面で大きな優遇を受けることになります。

くりっく365がお薦めの人は?

くりっく365とFXの特徴を比較してみても、『絶対こちらが有利』という条件が見あたりません。何か一つあげるとすれば、やはり税金の優遇の面でしょうか。
いろいろな投資商品に巨額の投資をしていて、年間所得が1000万円を優に超える方であれば、くりっく365をオススメできるかもしれません。