税制面の優遇を受けられます

投資家の方にとっての悩みといえば、確定申告(税金)ではないでしょうか?
利益が増えてくると、税金の支払いのことで頭を悩ませ、トレードに集中できない。。。
「少しでも節税したい」そんな方にとって『くりっく365』の税制は有利といえます。

課税方式の違い

外国為替証拠金取引(FX)には、公的な市場で取扱われる取引所取引(くりっく365)と店頭で行われる非取引所取引(店頭取引)がありますが、どちらで取引を行うかによって、課税方法が異なります。

店頭FXで発生した利益は、給与所得などを含む全ての収入と合算した総合課税となり、所得が増えれば増えるほど税率が高くなる(最大税率50%)累進課税が適用されます。

くりっく365の税率は申告分離課税で一律20%

それに対し、くりっく365の税金は、給与所得などに関係しない『申告分離課税』が適用され、税率は一律20%となります。

下表に税率の概算をまとめましたが、単純に考えると、年収330万円を超える方は、税金の面において『くりっく365』を利用した方が得になるということになります。

税率(所得税+地方税)概算表
課税所得金額 くりっく365 非取引所取引
195万円以下 一律20% 15%
195万円超 330万円以下 20%
330万円超 695万円以下 30%
695万円超 900万円以下 33%
900万円超 1,800万円以下 43%
1,800万円越 50%

申告分離課税は損失を相殺できる税制です

非取引所取引の税制(総合課税)では、有価証券先物取引(日経平均先物取引 etc)や商品先物取引(金先物、原油先物 etc)などで発生した損失と相殺することはできませんが、
くりっく365で発生した損失は、他の商品で発生した損失と相殺して、通算して申告することが可能です。

損失の繰り越しも可能

非取引所取引の税制では、FXで出た利益を所得に合算した額が課税の対象となると上記で述べましたが、損失した場合はどうでしょう?所得から損失した分を差し引いて、課税対象額を減額したいところですが、それはできないのです。。。

一方、くりっく365に適用される申告分離課税の場合では、翌年以降3年間は損失の繰り越しが可能です。このように、税制の面では店頭取引によるFXよりも、くりっく365のほうが遙かにメリットが大きいのです。